ホーム » 未分類 » ステラマッカートニーのロングデニムジャケットでアクセントをつけたコーデ

ステラマッカートニーのロングデニムジャケットでアクセントをつけたコーデ

2015年からちょっと長めの丈というのがトレンドになっていますよね。

ついにデニムジャケットにもロング丈がステラマッカートニーでは出ました。

そんなステラマッカートニーのロングデニムジャケットを使ったアクセントのあるコーデをご紹介しましょう。

使うデニムジャケットにはすでにタイダイ模様があしらわれているので、長さだけでなく生地自体にもインパクトがあります。

そんなデニムジャケットのインナーに持ってくるのは、赤い集めのタートルネックニットがおすすめです。

赤とデニムの愛称は抜群ですし、若くフレッシュにも見えつつ、落ち着いた雰囲気にも見えるという、意外に使えるアイテムなのです。

そこに合わせるボトムは、レベルを高くするなら、まだまだはやっているデニムオンデニムで、ホワイトデニムを合わせて足元にヌーディーなローファーを合わせても今年らしく仕上がります。

ですが、デニムは使わないという方は、白のレースのロングフレアワンピースを持ってくるとおしゃれに、そしてアクセントのあるコーデになります。

ただ、あまりにも肌が見えないので重く見えがちなこのコーデには、高めのヒールのブーティーを合わせて背を高く見せてすっきりさせるか、黒のパンプスなどでちらっと素肌を見せて工夫してあげると軽くなります。

そこに合わせるバッグははやりのバックパックでもよいですし、ステラマッカートニーから出ているデニムのトートバッグで難しいコンビネーションに挑戦するのもおすすめです。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です